リフォーム期間中のペットの居場所を忘れずに

定期的にメンテナンスをしていても、長年住んでいると、人間と同じで家にもガタが来ます。特に目立つのは、水周りではないでしょうか。

 

住みながら補修できる外装などの外回りと違って、居住空間に手を入れるリフォームは、金銭的にはもちろんのこと、精神面でもかなりの負担になることは覚悟しておられとは思います。

 

リフォームする箇所にもよりますが、大規模はリフォームになると短くても2週間、長ければ数カ月に渡って家を空ける必要が出てきます。

 

その間、一時の仮住まいとは言えそれなりに生活に支障を来さないようにする必要がありますので、出来るだけ現在の居住区域から離れていない方が望ましいのは言うまでもありません。

 

そのためには、家族の意見も重要になってきます。通勤通学に不便はないか、通常の買い物には支障がないかなどのチェックも家族で話合いをされたことでしょう。

 

さて、ここで大事な家族を忘れていないか考えてみてください。

 

お宅には、ワンちゃんやネコちゃんなどのペットは居ませんか?ペットも家族の一員だから、当然一緒に仮住まいへと考えられておられると思います。

 

それは、飼い主さんとしては当然の思いです。

 

仮住まいする物件は、ペット可ですか?周辺環境はどうですか?スペース的にはどうですか?

 

環境の変化は、動物にもストレスを生みます。家族なんだから一緒に行くのが当然と思うだけでは済まされない問題があるかもしれません。

 

リフォームに取り掛かる前に、一度ペット目線になってチェックし考えてみてあげてください。

 

大事なペットを守ってあげられるのは、家族である皆さんの義務です。

関連ページ

打ち合わせをシッカリ
リフォームでの失敗を防ぐには業者さんと事前にしっかりと打ち合わせを行うことが大切だと思います。
リフォームの事前準備
リフォームを成功させ住みやすい理想の家に近づけるために行いたい事前準備を紹介します。
リフォームに時間をかけて
一生の間に何度も経験することではないですし、リフォームにはしっかりと時間を掛け慎重に検討を行ってください。
追加工事は詳細な見積りを
適当な見積りではなく詳細な見積りを作成するちゃんとした業者を選ぶことが大切だと思います。