キッチンスペースを広げすぎ通路が狭くなってしまいました

木造2階建ての住宅に住んでいます。

 

築20年ぐらいの時に水廻りの改装をしました。

 

お風呂・洗面・トイレは大方満足でしたが、キッチンで”あ〜失敗!”と思ったことがありました。

 

それは広さや通路幅の事です。

 

今までのキッチンは、ダイニングキッチンで8帖の広さでした。

 

ダイニングキッチン8帖の部屋の横には4.5帖の子供部屋がありましたが、子供部屋の必要がなくなったため、8帖と4.5帖を足した12.5帖をダイニングとキッチンにリフォームすることにしました。

 

リフォームする時人気があったシステムキッチンを対面キッチンで取り入れ、システムキッチンの向こう側にダイニングがあるタイプのダイニングキッチンにリフォームしました。

 

対面キッチンになったのはとても良かったのですが、キッチンのスペースを広くとりすぎてしまいました。

 

キッチン全体の寸法は、幅が3m64p・奥行が2m73pです。

 

キッチンの幅寸法はよかったのですが、奥行が広すぎました。

 

キッチンで作業していて後ろを振り向いて食器棚から食器をだしたり、電子レンジやトースターを使うには1歩では足りず、2、3歩歩かなくてはなりません。

 

また、キッチンからダイニングにいく通路もこの2m73pの奥行の為少し狭くなりました。

 

できあがってから”あれ、この通路ちょっと狭い、、、”と気が付きました。

 

新しいキッチンになることがうれしくて、図面でキッチンと食器棚との間の寸法や通路幅まで考えがおよびませんでした。

 

対面キッチンは私たち家族には便利なスタイルで良かったのですが、寸法をもっと考えればよかったと反省。奥行は2m27pぐらいがいいかな・・・と思います。

 

リフォームでキッチンが新しくなるのはうれしいですが、図面をちゃんと見ておかないといけないな・・・と思いました。

 

関連ページ

値切りすぎず慎重に
リフォームの業者を選び時にあまり値切り過ぎると何かと問題が出るので慎重に行きましょう。
安く済ませようと思って失敗
今回のリフォームで失敗した一番の原因は安く済ませようとしたことだったと反省しています。
想像だけでリフォーム
自分の想像だけでリフォームを考えるのではなく実例を見て勉強すべきだったと後悔しています。
コンセントの位置が使いにくい
キッチンのリフォームをした時に家電の配置を母が一人で考えコンセントの位置も指示したのですが、使いにくくて困ったことに。
洗面所と浴室を一緒にしておけば
理想に家になるはずだったリフォームで失敗することが多いので経験者に体験談を語ってもらいました。