事前にしっかり業者と確認し合うことが大切

リフォームと言うのは、今までよりも住みやすくするために行うものです。

 

しかし、実際リフォームを行ってから「こんなはずじゃなかった」「前の方が良かった」「使いづらい」などの不満を漏らす方も少なくないのです。

 

ですから、事前にしっかり業者と確認し合うことが大切です。いくら自分の要望がハッキリしていたとしても、それがプロの目から見てどうなのか、ということも聞き入れることが必要です。

 

素人の目からはいいと思っても、実際に行ってみると不便になってしまう可能性もあるので。

 

けれど、業者のいいなりでもいけません。業者の思うように大掛かりな工事になってしまい、高額費用を請求されてしまうかもしれないからです。

 

あくまでも予算はいくらなのだということを明示し、その上で交渉するといいでしょう。

 

また、工事に取り掛かってから、腐敗が見つかって、その補修工事もする事になると予定よりも費用が高くなってしまうかもしれません。

 

そのため、最初にきちんと専門家にリフォームが可能な家なのかどうかの調査と判断を依頼すると安心でしょう。

 

リフォームの最中は仮住まいに引っ越す場合が多いかと思いますが、工事の進行具合などをチェックするためにきちんと工事現場に確認しに行ってくださいね。

関連ページ

打ち合わせをシッカリ
リフォームでの失敗を防ぐには業者さんと事前にしっかりと打ち合わせを行うことが大切だと思います。
リフォームに時間をかけて
一生の間に何度も経験することではないですし、リフォームにはしっかりと時間を掛け慎重に検討を行ってください。
リフォーム中のペット
大規模なリフォームになるとしばらく別な場所に住むことになりますが、その時にペットの事も忘れずに考えてあげてくださいね。
追加工事は詳細な見積りを
適当な見積りではなく詳細な見積りを作成するちゃんとした業者を選ぶことが大切だと思います。