母が決めた配置が悪くコンセントの場所もわ来るなった

築38年くらいの我が家をリフォームした時の話ですが、一階の居間と台所をリビングダイニングに一新してもらいキッチンの位置を変える工事をしてもらいました。

 

それに伴ってキッチン周りにあったコンセントも移動してもらう事にしたのですが、母の頭の中ではすでに冷蔵庫や炊飯器などの家電の配置が出来上がっていたようで、業者さんに細かな要望を出してコンセントの位置までお願いしていました。

 

いざリフォームが完成して、家電を配置してみると何やら前よりも背無くなったような気がして家電の配置を見直すことになり、母に任せていた家電配置を家族で相談してなんとか場所が決まったのですが、そうなるとコンセントの位置がとてもおかしい事に気づきました。

 

例えば冷蔵庫を置く予定だった場所の高い所にコンセントがあり、今そこには食器棚を置きその上に電子レンジを置いていますがコンセントはそのはるか上にありとても人目を引く感じになりました。

 

また、炊飯器などの電源になっているコンセントは食器棚の後ろに収まる予定だったのですが冷蔵庫がそこに陣取ることになり、冷蔵庫の真後ろでは使用するのが大変という事で隠れコンセントのようになってしまいました。

 

リフォームが終わり考えると大型の家電や家具の配置をよく考えコンセントの位置を決めるのが良いと実感しました。

関連ページ

値切りすぎず慎重に
リフォームの業者を選び時にあまり値切り過ぎると何かと問題が出るので慎重に行きましょう。
安く済ませようと思って失敗
今回のリフォームで失敗した一番の原因は安く済ませようとしたことだったと反省しています。
想像だけでリフォーム
自分の想像だけでリフォームを考えるのではなく実例を見て勉強すべきだったと後悔しています。
広くなっても使いづらい
せっかくリフォームでキッチンを広くしたのですが、広げすぎて通路が狭く使いづらくなってしまいました。
洗面所と浴室を一緒にしておけば
理想に家になるはずだったリフォームで失敗することが多いので経験者に体験談を語ってもらいました。