ケチらずにプロに任せるべきでした

長年雨風を浴びていた部屋の壁紙がとうとう剥げてきてしまい、そこには大量のカビが発生しました。

 

ついつい窓を開けたまま外出してしまう私の癖が原因なのですが、ホームセンターに見積もりを取って貰ったら10万は超えてしまう金額でした。

 

専業主婦で時間のあった私はその10万という金額は適正かと思って店内をウロウロしてみました。

 

すると簡単自分でも張り替えられるといったふれ込みの壁紙が手ごろな値段で売られていたのです。

 

もともと手芸や作ることが好きだったし、これならできるかも!と思い、自分で張り替えるとなるとと浮いた金額を思い浮かべ随分と得と思いました。

 

そして重たい壁紙のロールを抱えて帰宅し、説明書を読みふけ、さあ取り組むぞと思ったのですがやはり天井から真っ直ぐに壁紙を張り付けるといった作業はとても一人では大変どころの話ではありません。

 

しかもどうせ新しいの張るしと思ってもう下の壁紙はびりびりと破いて見栄えも悪くなり、「決行するしかない」後戻りできない状況だったのです。

 

カビは吸い込むし、仕事は終わらないし、予定よりも壁紙が多く必要でまた買いにいかないといけない事にもなり、後悔の嵐でした。

 

こんなことならケチらずプロに任せれば良かったと思いました。

 

出来栄えは自分で作ったんだからと思うと納得するしかないようなじっとみないでよ!といいたくなる出来です。

関連ページ

値切りすぎず慎重に
リフォームの業者を選び時にあまり値切り過ぎると何かと問題が出るので慎重に行きましょう。
想像だけでリフォーム
自分の想像だけでリフォームを考えるのではなく実例を見て勉強すべきだったと後悔しています。
コンセントの位置が使いにくい
キッチンのリフォームをした時に家電の配置を母が一人で考えコンセントの位置も指示したのですが、使いにくくて困ったことに。
広くなっても使いづらい
せっかくリフォームでキッチンを広くしたのですが、広げすぎて通路が狭く使いづらくなってしまいました。
洗面所と浴室を一緒にしておけば
理想に家になるはずだったリフォームで失敗することが多いので経験者に体験談を語ってもらいました。