せっかくなので一緒にしておけばよかった洗面所と浴室のリフォーム

築20年の中古住宅を購入、キッチンとリビングをリフォームしてからの入居をしていたのですが、住み始めて5年、浴室のタイルが次々とはがれていくという現象が発生してしまいました。

 

もともと古い家で、旧式の浴室だったのでシステムバスにリフォームすることにしたのですが、洗面所をどうするのか、我が家で会議となりました。

 

せっかくなので綺麗にしたいのですが、もちろんタダではないので予算も必要となるリフォーム。

 

隣接しているのでいっしょに工事をしたほうがコストも割安との工事業者の意見もありましたが、比較的きれいに使われていて、それほど傷んだ箇所もなく快適に使っていたので、今回は見送ることにしました。

 

浴室のリフォームに約1週間、それほど不便を感じることもなく、まっさらの綺麗なシステムバスを導入することができ、満足していたのですが、約2カ月後残念なことが起ってしまいました。

 

それは、なんと洗面所の床の一部が抜け落ちてしまうという事故。床の裏側がかなり腐っていて、浴室の工事の影響で弱くなったのか、まさかの工事が必要に。

 

抜け落ちてしまっては迷うこともできず、即刻工事をお願いしたのですが、こんなことになるなら一緒に工事をしておけばよかったと後悔するばかりです。"

関連ページ

値切りすぎず慎重に
リフォームの業者を選び時にあまり値切り過ぎると何かと問題が出るので慎重に行きましょう。
安く済ませようと思って失敗
今回のリフォームで失敗した一番の原因は安く済ませようとしたことだったと反省しています。
想像だけでリフォーム
自分の想像だけでリフォームを考えるのではなく実例を見て勉強すべきだったと後悔しています。
コンセントの位置が使いにくい
キッチンのリフォームをした時に家電の配置を母が一人で考えコンセントの位置も指示したのですが、使いにくくて困ったことに。
広くなっても使いづらい
せっかくリフォームでキッチンを広くしたのですが、広げすぎて通路が狭く使いづらくなってしまいました。