安くしたいからと値切り過ぎると失敗しますよ

一戸建ての中古物件を購入した時に築年数がかなり経っていて造りも古かったので変えたい所だけをリフォームする事にしました。

 

リフォーム業者は腕も良いというので不動産関係の方からの紹介で決めました。

 

その時にかなりリフォーム代金を値切りました。

 

リフォームした箇所はまず、壁紙を全て替えてもらいお風呂も古かったので新しい物にしてもらいました。

 

あとは床のフローリングも全面入れかえてもらい、リビングに収納スペースの納戸を新しく作ってもらいました。

 

そして、リフォームが終り引っ越しして新しくなった家に入りました。
すると、最初に入ってビックリしました。

 

ほとんどの壁紙のリフォーム箇所がボコボコでした。

 

特に天井がひどく、どうみてもちゃんと壁紙が伸ばされていないみたいでした。

 

それだけではなく、フローリングの床を歩くと所どころでミシミシと音がしたり、数日後には新しく作ってもらった納戸の扉が外れました。

 

それからお風呂のシャワーを戻す所が外れました。

 

信じられないようなリフォームの失敗が立て続けに起こりました。

 

腕がいいと聞いてそこの業者にしたので怒りと驚きが込み上げてきました。

 

すぐに全てやり直してもらいましたが値切りすぎたのがいけないのかなと自分を責めたりもしました。

 

リフォームをする時の業者選びは少し高くてもネームバリューのある所の方が安心出来るかなと思いました。

関連ページ

安く済ませようと思って失敗
今回のリフォームで失敗した一番の原因は安く済ませようとしたことだったと反省しています。
想像だけでリフォーム
自分の想像だけでリフォームを考えるのではなく実例を見て勉強すべきだったと後悔しています。
コンセントの位置が使いにくい
キッチンのリフォームをした時に家電の配置を母が一人で考えコンセントの位置も指示したのですが、使いにくくて困ったことに。
広くなっても使いづらい
せっかくリフォームでキッチンを広くしたのですが、広げすぎて通路が狭く使いづらくなってしまいました。
洗面所と浴室を一緒にしておけば
理想に家になるはずだったリフォームで失敗することが多いので経験者に体験談を語ってもらいました。